teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ハセガワレオポルド

 投稿者:すきんちゃん  投稿日:2015年 6月17日(水)18時26分54秒
  昨日アーマーモデリングで小さな画像を拝見したのですが、新規?のフィギアが24体付くようですね。拙宅にはレオポルドはストックが(多分)あるのですがフィギアの出来次第ではまた食指が・・・  
 

ハセガワ1/72レオポルドの再版

 投稿者:geraet040  投稿日:2015年 4月21日(火)00時30分47秒
  ハセガワから1/72レオポルド列車砲,正確にはK5(E)列車砲,が再版になるようです。今回はMT58という新しいキット番号がついており,カールの再版の時のように一部のパーツがリニューアルされている可能性があり,少し楽しみですね。  

ご回答ありがとうございます

 投稿者:snufkin  投稿日:2015年 4月13日(月)00時35分38秒
  >geraet040様
仰るとおり、グリッパの流用は考えましたが、砲弾の長さも結構な違いがありそのままでは長すぎるようです。基部の構造を考えると単純に両端をカットというのも無理そうです。モデリングについては初心者ですので特に拘りはないのですが、パッと見で大きさの違いが判ってしまうのが痛いところです。トランペッター1/35「IV号F型特殊運搬車」のキットを入手しましたが、54cmと60cmのアルミ砲弾が付属していまして倍のスケールだと大きさの違いが際立ちます。初AFV製作なのでまずは完成を目指して作製したいと思います。今後もサイトを参考にさせていただきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

http://hobbycom.jp/my/f32b0282d0/diaries/13457

 

ハセガワ1/72 IV号弾薬運搬車

 投稿者:geraet040  投稿日:2015年 4月11日(土)20時57分6秒
  snufkin様

ご指摘の通り,ハセガワはカールのキットのリニューアルの時,グリッパとそこに挟んだ砲弾については54cm砲用のものは新調しなかった(忘れたのか,あえて無視したのかはわかりませんが)ので,砲弾単体との大きさの違いが目立ってしまいますね。

私も54cm砲弾用のグリッパを自作したことはないので,どれほど面倒か,簡単かはなんとも言えませんが,もしちょっとしたごまかしを考えるなら,グリッパについた砲弾部分を切り落としてしまい,グリッパだけの状態にしてしまうのはいかがでしょうか。もちろん60cm砲弾用と54cm砲弾用のグリッパは寸法が違うのですが,パッと見た目にはわからないかもしれません。

まあしかし,ごまかしでしかないので,スケールモデラーとしては邪道な考え方かもしれません(笑)
 

ハセガワキット(MT56)について

 投稿者:snufkin  投稿日:2015年 4月11日(土)16時30分45秒
  表題キットを作成中ですが、運搬車のグリッパに挟まれた弾丸が54cm弾丸よりもあまりに大きいことに気づきました。これは旧キットのランナーなので60cm弾丸であると思いますが、積んでいる弾丸と運んでいる弾丸が違うという笑えない状態です。修正は困難なので、新規パーツの54cm弾丸を一つ使い、グリッパは自作という手段しかないと思いますが、比較的単純な構造なのでスクラッチも不可能ではないと考えています。ただ、モデリングに関しては素人同然なので何か既に修正、スクラッチされた方はいらっしゃいませんでしょうか。

http://hobbycom.jp/my/f32b0282d0/diaries/13457

 

適材適所

 投稿者:geraet040  投稿日:2013年11月25日(月)23時52分23秒
  紙という素材の性質上,3次元曲面など到底再現不可能な形状もあるわけで,「なんでも全部紙でなきゃダメ」という縛りは結構きついと思います。またドイツ戦車の履帯みたいに表面にリブなどの凹凸が多いと,そりゃ不可能ではないけど,作ってられないよ~となりますよね。

鉄道模型では昔は(今もかな?)車両本体部分は紙という工作記事はよくあったように思うので,プラモデルだってプラスチックとエッチングなどの金属パーツにこだわらず,紙をもっと使ってもいいかもしれませんね。

ところでホイペットの達人はWさんのことですね?あの方のこだわりとテクニックは確かに凄いですね。
 

こりゃまいった

 投稿者:すきんちゃん  投稿日:2013年11月21日(木)14時29分58秒
  カードモデルの分野でも以前からミリタリー物の存在は知っていましたが、モケー的完成度から言って先ずレジンやプラキットに及ぶまいとタカをくくってしまっていて正直な所、これまで関心を持たなかったのですが、いやはやコリャ凄いことになってますね。表紙の完成見本を拝見した限りではマトモなスケールモデルですなあ。現代のミリタリープラモケー飽食の時代にあっては私なんぞは「ここまでの物を作るなら何もわざわざカードモデルじゃなくても・・・・」とか考えてしまうのですが、この世界はこの世界でカードモデルに対するこだわりがあるのでしょうねえ。
サイトで掲載されているラインナップもマニアックなアイテムが結構ありそうですし、リサーチもしっかりやってそうですね。
異素材ときて拘りと言えば真鍮板でホイペットをスクラッチしてのけて周りを驚かせた友人を思い出しましたよ。
 

紙工作あなどるなかれ

 投稿者:geraet040  投稿日:2013年11月 3日(日)13時28分53秒
  ポーランドのGPMというメーカーのペーパークラフト(ペーパー・モデル)のカールのキットを個人輸入してみました。

私のようなおじさん世代にとっては,ペーパーモデルというと,どうしても「雑誌の付録」みたいなイメージがありますが,時折テレビなどでも紹介されるように,最近のものや海外の製品は,かなり精巧なもののようですね。

GPMの製品については,少し前から知ってはいたのですが,お値段がそれなりにするので購入は少し迷っていました。日本国内のショップでも取り扱っているところはありますが,入ってきている量少なく,ラインナップも限られているようなので,今回はメーカーから直接購入してみました。

いやぁー,これは結構すごい代物です。こうしたキットを完成させるには相当な根気が必要みたいですね。
 

速攻レビュー有難う御座います。

 投稿者:すきんちゃん  投稿日:2013年 5月22日(水)18時23分1秒
  お蔭様で一抹の迷いが吹っ切れました。
アマゾンサイトへ猫まっしぐら(←古っ)です。

こちらはモーターブーフ本が到着です。
(私には)はじめてみる写真も多く眺めているだけでも充分な内容ですが、欲が出てドイツ語辞書が欲しくなってきますなあ。
 

来た来た来た

 投稿者:geraet040  投稿日:2013年 5月21日(火)21時39分50秒
  Panzerwrecks 15が届きました。アマゾンで2671円也。

カールNr.IIとNr.IVを米軍が捕獲した際の写真を中心に,未発表写真満載です。一部はパンツァートラクツのカール本などに載っている物ですが,それらも大判で見やすく印刷されており,細部がよく見えて大満足。

ただしこれだけでカールの全容を知るというわけにはいきません。あくまでwrecks(残骸)中心の写真集ですから。

アマゾンのページ:Panzerwrecks 15: German Armour 1944-45

買い!だと思います。
 

レンタル掲示板
/22