teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お歳暮

 投稿者:(ユ)  投稿日:2010年12月 5日(日)22時04分12秒
編集済
  (ユ)日記にはかいてないが、



今年の2月11日に、勝彦さんが他界しました。 ( iдi ) ハウー



※そのお葬式風景については、いろいろあったんで、こんど書きます・・・。



話はもどりますが・・・。




今日、妹から電話がかかってきた。




『今日、清オイちゃん(勝彦さんの弟)から、お歳暮がとどいたんよ』




『なんやったと思う?』




(ユ)は、検討もつかなかったので、考えてたところ、




電話の向こうで、甥っ子が、言った。




『おさけー!!』





(ユ)は言った。





『そうね。』




妹が言った。




『酒とか誰も飲まんやん!』




『しかも、正月用で、祝い酒とか書いとるし(`□´) コラッ!!! 』



そう、うちは、今年は喪中です・・・。



けっきょく、そのお酒は、送り返したらしい・・・。
 
 

想い出めぐりツアー

 投稿者:(ユ)  投稿日:2010年 7月22日(木)07時56分41秒
  先日の3連休に帰福したので、



家族で、想い出めぐりツアーを決行した。




想い出めぐりツアーとは、



(ユ)が、住んでいた町をたどるツアーだ。



まず、はじめに、(ユ)が、小学校5年生まで住んでいた、



故、勝彦さんの社宅に向かった!





そこは…、もう…、廃墟と化していた…。
 

七夕

 投稿者:(ユ)  投稿日:2010年 7月 7日(水)21時23分39秒
  七夕の季節になると



晴海では、七夕の笹がかざられます。





(ユ)もお願いしました。




☆彡    (-人-;)織姫さま、彦星さま・・・
 

家庭菜園

 投稿者:(ユ)  投稿日:2010年 7月 7日(水)21時20分25秒
  家庭は持っていませんが、最近、家庭菜園?にはまっています・・・。



トマトの苗を植えました。




今、花が咲いています。




たのしみー。o(^ー^)oワクワク




と、思っていたら、葉っぱに、タップリの虫が・・・。



私にさえついていないのに・・・・。




ということで、すでに無農薬野菜ではありません・・・。




できたら、誰か食べます・・・?




この、毒トマト・・・。
 

2010

 投稿者:(ユ)  投稿日:2010年 1月11日(月)01時24分48秒
  あけました!

が、あと、23時間後には、30と8さいになってしまいます・・・。

1年が早い・・・。
 

2009

 投稿者:(ユ)  投稿日:2009年12月31日(木)00時20分28秒
  ああ、ことしもあと23時間でおわっちゃいますね・・・。  

お台場観光

 投稿者:(ユ)  投稿日:2009年 8月12日(水)12時51分32秒
  先日、グルメツアーにてオムライス(三千円)をたしなんだあとに



お台場にガンダムを見に行くことになった。




ガンダムまでの道程は、




熱く…いや、暑く、人も多く、とおかった…。




別にガンダムを好きでもないが、



たくさん、写メをとってしまった…。
 

新橋観光

 投稿者:(ユ)  投稿日:2009年 8月 7日(金)07時53分25秒
  先日、新橋で新人歓迎会が開かれることになったので、新橋にいった。




よしりょうが、初の東京出張なので、日テレに観光に行ってみた。




日テレ前に、イモトがいた…。
 

カウンタ

 投稿者:(ユ)  投稿日:2009年 7月23日(木)22時27分51秒
  最近更新していませんが、カウンタをつけてみました・・・。  

日食

 投稿者:(ユ)  投稿日:2009年 7月23日(木)13時00分7秒
  昨日、日食をみました目




ちょっと感動しました^▽^




おいっ子も保育園で観察したようで、



感動したようです。



かつ、日食の絵を書いて説明してくれました。




いかがでしょう…!?
(太陽に月が重なった図らしい^o^;
 

どっちが…!?

 投稿者:(ユ)  投稿日:2009年 3月10日(火)01時52分19秒
  先日、ブサイク三兄弟で飲んだ時のことである。



(なぜか、(ユ)もその中に含まれている… ̄_ ̄



ぶさいくちーにーちゃん(ドラマ『ひとつ屋根の下』でいうと、福山雅治…)が、言った。




『おれと、ぶさいくあんちゃん(ドラマ『ひとつ屋根の下』でいうと、江口洋介…)はどっちがぶさいくか!?



飲んだらお決まりのご質問である… ̄_ ̄




で、なぜか話が(ユ)の妹に聞いてみよう…ということになり、携帯カメラでパチリカメラキラキラ




その画像を妹にメールした。




ぶさいくあんちゃんの要望に答え、メールにはこう書いた。




『どっちが好き!?




数秒後、返事が来た。





『残念ながら却下です』




『鏡見た方がいいと思うよミ・ω・ ミ





ぶさいくあんちゃんと、ぶさいくちーにーちゃんが言った。





『いいけ、どっちか選べって書け!!




(ユ)は、ぶさいくあんちゃん達の言い付けを素直に守りメールした。





『究極の選択としたら、どっち…!?




数秒後、また妹から返事が来た。



『自害する』




もう、絵文字すらなかった…。




あなたなら、どっち !?
 

さんぽ

 投稿者:(ユ)  投稿日:2009年 2月15日(日)18時06分12秒
  昨日、2月というのに気温が22度を超えるほど日和がよかった。



(ユ)の気分も乗ってきたので、散歩にいくことにした。



寮をでたのは、14時ごろだった。




寮から荒川までいき、荒川を船堀橋まで下ってみた。



その途中で、タコが飛んでいた。



船堀橋まで歩いてしまい、




帰り道の徒歩時間を考えると、とても後悔してしまった・・。




途中、休むことなく、歩き続けていると、



ドラ焼きやさんがあったので、ドラ焼きを購入した。



ちょっと元気がでてきた。




その後、新小岩駅の近くで、新井さんと出会った・・。




新井さんと別れたあと、マックによって、お持ち帰りした。




寮に帰り着いたのは、17時近くだった。




3時間くらい歩いてたモヨウ・・・。
 

部屋飲み

 投稿者:(ユ)  投稿日:2009年 1月27日(火)00時28分42秒
  最近、部屋飲みはやめていたが、



本日は腹立たしいことがあったんで、飲むことにした。




写真は今日のよるごはんです… ̄_ ̄
 

今年も・・・

 投稿者:(ユ)  投稿日:2009年 1月25日(日)18時41分2秒
  年が明けて、25日も経ってしまいました・・・。





今年もなかなか日記が書けないかもしれませんが、




がんばって書くようにします!




今年もよろしくお願いしまーす。
 

健康診断

 投稿者:(ユ)  投稿日:2008年10月19日(日)17時32分40秒
  先日の出来事である。




秋も深まり、健康診断の季節となった。




昨年から、いろんな診断をさせられることになり、




その中に、胃の検査があった。




そう、あのまずい、しろい、どろどろした、バリウムを飲んで、




検査台の上で、ゴロゴロ回るヤツである。




その胃の検査は、健康診断のメニューの中の最後に組み込まれていた。




(ユ)が待合室でまっていると、胃の検査担当の人に呼ばれた。




(ユ)が部屋に入ると、看護婦さんが、バリウムとティッシュを差し出した。




(ユ)は、看護婦さんの言うとおり、




左手に、バリウム、




右手にティッシュをもって、検査台に乗った。




検査の人が、部屋の向こうで(ユ)に呼びかけた。




『河野さん、バリウムは初めてですか?』




(ユ)は、去年もやったので、『違います』と答えた。




胃の検査担当の人が言った。




『では、バリウムを一口、口に含んでください。』





(ユ)は、言われたとおり、一口、口に含んだ。



胃の検査担当の人が言った。




『はい、では飲み込んでください。』





(ユ)は、言われたとおり、口に含んでいた、まずいバリウムを飲み込んだ。




また、胃の検査担当の人が言った。




『じゃあ、もう一度、バリウムを一口、口に含んでください。』





(ユ)は、言われたとおり、一口、口に含んだ。




胃の検査担当の人が言った。




『はい、飲み込んでください。』





(ユ)は、言われたとおり、飲み込んだ。





胃の検査担当の人が言った。




『それでは・・・・。』





『全部、脱いでください。』





(ユ)は、言われたとおり・・・・・。




いや、『こ、ここで、脱ぐんですか・・!?』とちょっと考え、




とりあず、バリウムを全部飲み干した・・。





そう、胃の検査担当の人は、間違ったのである・・。





その後、胃の検査の人の呼びかけが、なぜだか、かみまくっていた・・・。




自分で言っておきながら、かなり同様していたに違いない・・・。





ちゅーか、初めてだったら、脱いでいた気がする・・・。
 

動画の貼り付け方

 投稿者:ぴろりんメール  投稿日:2008年10月13日(月)20時18分17秒
  youtubeなどの動画を掲示板に追加できるようになっていたけど、やってみたことがなかったので私の掲示板で試してみたから、そのまま再掲示しますね。

◆やり方

①上にある「動画検索」ボタンを選択して検索画面を表示

②キーワードなどを与えて検索

③検索結果の画面にある「埋め込みHTML」の右にある枠をクリックして「Ctrlキー+cキー」でコピー(複写)

④この画面の内容欄に「Ctrlキー+vキー」でペースト(貼り付け)


試した動画は「13年度のクレヨンしんちゃん」

泣きたいときに見てもらったら泣けますよ。きっと。。。

 

目がぁぁぁぁぁっっ!!

 投稿者:(ユ)  投稿日:2008年10月 4日(土)09時01分28秒
  先日のことである。





仕事中、(ユ)の左目が激痛に襲われた。





最近、左目がゴロゴロすることが多かったので、





思い切って眼科に行くことにした。





眼科の先生にみてもらったところ、





角膜がただれているとのことだった…。





どうやら、世の中の汚い部分を見過ぎたようだ…。





ちなみに、目は、目薬で治るみたいです…。
 

勝彦さん

 投稿者:(ユ)  投稿日:2008年 9月27日(土)09時43分0秒
  ※『タイトル:ふじ子さん』をみてない方は、先にそちらをお読みください…





(ユ)は、ふじ子の知らせを聞いて、





確認のために妹にメールしてみた。




『勝彦さん(父親)、胃ガン検査にひっかかったらしいね汗





妹から返事が来た。





『おれ、もぅ、死ぬ…(T_T)




っち、いいよった』




河野家は、大袈裟な家系です…。
 

ふじ子さん

 投稿者:(ユ)  投稿日:2008年 9月27日(土)09時35分17秒
  先日、ふじ子さん(母親)からメールが来た


『勝彦さん(父親)の胃ガン検査で怪しいトコが見つかって、再検査になった』




『でも、全くしんぱいせんでいいけ!!




Σ( ̄□ ̄)!





いや、ふつう心配するでしょ!





ふじ子恐るべし…
 

こんなところで、お会いするとは・・・

 投稿者:(ユ)  投稿日:2008年 9月 4日(木)23時14分5秒
  今日、まじめに仕事をしていたら・・・・




机の上にアリが!!!




晴海のおっきなビルのオフィスなのに・・・・




なんで、アリ・・・・?
 

ドキドキした日 最終日

 投稿者:(ユ)  投稿日:2008年 8月23日(土)17時29分24秒
  翌日・・・。



この日は、お盆初日だったのもあり、



総武線快速の車両は、すかすかだった。



そのすかすかの電車のドアの前に立った。




電車は、静かに発車した。



(ユ)は、車窓から東京の町並みを眺めていた。



そのときである。



なぜか、(ユ)の左側に立っている人が、そわそわしだした。




(ユ)は、『気持ちわりーなー・・・』とおもいながら、




ムシして、車窓からみえる景色を楽しんだ。




そうこうしていると、乗り換える駅に到着した。



次は、地下鉄だ。



地下鉄のホームに行き、地下鉄を待っていたそのときである・・・・。



(ユ)の左から視線を感じた・・・。




(ユ)は、ふと、左をみてみた。



な、なんと・・・・




左肩に、セミがとまってるではないか!!!!!( ̄□ ̄;)!!ガーン




(ユ)は、(゜ロ゜)ヒッ!!! と悲鳴を上げた。




私の悲鳴が大きかったのか、セミは飛んでいった・・・。




総武線快速の車内の(ユ)の左にいた人が、



なんでそわそわしたのか実感した・・・。



きっと、そいつのほうが、『きもちわりーなー』と思ったに違いない・・・・。
 

ドキドキした日 初日

 投稿者:(ユ)  投稿日:2008年 8月23日(土)17時18分27秒
  先日、シャワーをあびていると、浴槽のふちに、黒い物体が動いた・・・。



その黒い物体は、真っ黒で、テカテカしてて、足が6本ある・・・・。




(ユ)は、意外と冷静に、シャワーを熱湯のみにし、その黒い物体に浴びせた。




黒い物体は、あばれながらも、すぐ、息絶えた。



かつ、息絶えた黒い物体は、浴槽の穴に引っかかった・・・。



その後、黒い物体は、息絶えたのにも関わらず(ユ)に恐怖をあびせていた。



(ユ)は、考えた。




『こいつ、どう、始末してやろうか・・・。』



数秒悩んだ挙句、箸でつまんで捨てることにした。




この日は、服を脱いでシャワーを浴びていたため、




(普通ですが・・・)




服をきて、箸をもって、風呂場に参上した。




(ユ)は、恐る恐る、黒い物体を箸でつまもうとした。




しかし、その黒い物体は、テカテカしているせいか、



なかなか、箸でつまめない・・・。



なんどがチャレンジしてると、黒い物体が、箸にひっかかった・・・。



(ユ)は、それをまともにみると、失神しそうだったので、



風呂場の窓から、箸ごと葬り去った・・・・。




かなり、ドキドキした一日だった・・・。
 

えころじー

 投稿者:(ユ)  投稿日:2008年 1月 2日(水)23時00分11秒
  今日、母親のふじ子さんと妹と、近所の 「You Me Town」に夕食の食材を買いに行った。



「You Me Town」の店内をぶらついていると、今、話題の



『エコバック』



が売っていた。



スーパーで買い物すると、ビニールの買い物袋を無料で渡されるが、



それをなくして、環境にやさしくしようとたくらんでいる画期的な代物だ。



(ユ)が、ふじ子さんに言った。



『あんたも、この袋(エコバック)買って、使ったら?』




ふじ子さんが言った。




『私、(エコバック)持ってるよ。』



(ユ)が言った。



『なん、すごいやん!』




『で、今日、もってきたん?』






ふじ子さんが答えた。





『うんや、持ってきてない・・・・』





( ̄◇ ̄;)



い、意味ないやん・・・・。
 

かきぞめ

 投稿者:(ユ)  投稿日:2008年 1月 2日(水)22時58分26秒
  あけまして、おめでとうございます。



昨年末は、仕事でバタバタしだして、(ユ)日記の更新が滞ってしまいました。


おかげで、飲みにも行けズ、悲しい毎日を送っていました・・・。


今は、缶ビール片手に、書いているところです。


(シアワセ~)



それでは、今年も(ユ)日記をよろしくおねがいします
 

熱闘!?甲子園

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年10月 6日(土)12時02分33秒
  8月の暑い夏の出来事である。



仕事で忙しく、夏休みを取れない(ユ)は、週末の休日に甲子園(高校野球)をみていた。



その日は、準々決勝戦で 佐賀北 VS 帝京 の試合が行われていた。



その試合は、4回戦まで同点で、延長までなってしまって、かなり、ハラハラドキドキする試合だった。



勝つのは、帝京か!?佐賀北か!?と思っていた矢先、サヨナラで佐賀北が勝った。



九州内の県なので、(ユ)もかなり盛り上がった。



夕方、妹と買い物いく約束をしていたので、夕方に妹と会った。



(ユ)は、甲子園の試合の熱が冷めず、妹に、今日の試合がそうとうすごかったことを熱弁していた。



妹がいった。



『私、高校野球興味ないもん』



盛り上がっていた(ユ)が言った。



『え!?なんで!?今日、そうとうすごかったんよ!!!』



妹が言った。



『あれ見よったら、暑くなるけん、いやなんよ』



なんともテンションの低い妹である・・・。



それから数日後・・・。



(ユ)は、夏休みがないため、平日普通に働いていた。



夕方あたりに、(ユ)の携帯が鳴った・・・。



携帯を見ると妹だった。



なんがあったのかと思って、(ユ)は携帯に出た。



妹が電話の向こうで言った。



『佐賀北、優勝したよ!!!』



『ものすごい、試合やったんよ!!!』




( ̄Θ ̄;)




それから、電話の向こうで、テンションあげた妹が、3分ほど、決勝戦の試合について熱弁していた・・・。




あんた、甲子園興味ないっていってたやん・・・。
 

びょうき

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 7月 4日(水)23時23分50秒
  最近、すごくトイレが近い・・・。



なんかの病気ではないかと思い、インターネットで症状を検索してみた。



検索した結果、なんと、糖尿病がヒットしたではないか・・・。



(ユ)は、恐る恐る、症状の部分を確認してみた・・。




症状



血糖値が高くなる・・・





(ユ)は、血糖値が高いかどうかわからなかったので、その症状はパスした・・・。



傷が治りにくい



最近、ネコの『ヨウたん』にひっかかれた傷が治りにくい・・・。




のどが渇く




そ、そういえば、最近のどが渇く・・・。




足がつる



最近、背伸びをすると、すぐつってしまう・・・。



だるい、疲れやすい



まったくもって、そのとおりである・・・。



ここまで、症状がヒットしているので、(ユ)は、間違いなく糖尿病に冒されたとおもったそのときである。




食べてもやせる





( ̄□ ̄;)あ・・・・




そ、それは、ない・・・。





ということで、どうやら、糖尿病ではなさそうだ・・・。( ̄▽ ̄;)
 

(無題)

 投稿者:orange  投稿日:2007年 6月28日(木)23時05分37秒
  くっ・・・くだらん・・・。  

ボケ姉妹

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月28日(木)12時40分27秒
  先日、仕事中に給食のおばちゃん・・いや、



給食の先生である妹から電話があった。



『仕事中に、指の先切断したんよ・・・。』



『病院にいったら、骨の先が削れとるっていわれたんよ・・・。』



『爪も生えてこんかもしれんっち、いわれたんよ・・・。』



(ユ)が言った。



『組・・・、抜けれたんやね・・・』



妹が言った。



『そうっちゃ!!』



『これで、極道とはオサラバよ!!ヽ(^◇^*)』




そんな大変なときにネタを振っても、ちゃんとボケる妹だった・・・。
 

注意!!

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月22日(金)12時55分3秒
  先日、古井さん(仮名)が上京してきた。



打合せのためにS○Sにこられたので、打合せが終わるまでまって、飲みに言った。



古井さん(仮名)は、訳あって、亀戸の女子寮に住んでいる・・・。



古井さん(仮名)が言った。



『風呂場に、体を洗うタオルがあったんよ・・・。』



『おれ、それ使って体洗ってるんよね・・・。』



( ̄□ ̄;)!!え~~!女子が使ってたのを使ってるのかよ・・・。



PS女子のみなさん、亀戸女子寮にある、風呂場のタオルにご注意を・・・。
 

エリの結婚式 東京見物 編(最終回)

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月22日(金)12時45分40秒
編集済
  早いエレベータにのり、サンシャインの最上階に到着!!



ぐるっとまわりながら、東京を見下してみた。



ぐるっとまわっていると、「げげげの鬼太郎展」が開催されていた。



そこには、鬼太郎にでてくるキャラクターの絵や妖怪の絵がかざられていた。



なんと、妖怪のフィギュアとかも展示していた。



その中に、蜘蛛をモチーフにした妖怪があった。



その蜘蛛の妖怪は、甥っ子より高い位置にあるガラスケースの中にあった。



(ユ)は、甥っ子を抱え上げ、その蜘蛛の妖怪をみせた。



( ̄□ ̄)『とわぁぁぁぁ~~~~~い(こわぁぁぁぁぁ~~い)!!』



予想通りの絶叫だった・・・。



ひととおりぐるっとまわると、屋上に出る階段があった。



(ユ)たちは、その階段を上り、屋上に向かった。



屋上にでた。



サンシャインの屋上だけあって、かなり高い・・・。



ちょっと、すごい風だった・・・。



金網付近により、東京の景色を堪能した。



それから、サンシャインを後にして、羽田空港に向かった。



(ユ)は、丁重にふじ子さんと妹と甥っ子を見送った。



なんともにぎやかな週末だった。
 

あれ?

 投稿者:orange  投稿日:2007年 6月20日(水)12時49分48秒
  どちらさまって・・・( p_q)エ-ン もっくんのお兄ちゃんですヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪  
    ((ユ)) なんとぉぉぉ!!( ̄□ ̄;)!!

もっくんにみせんでね・・・。( ̄◇ ̄;)


いじょう
 

 追伸!!!

 投稿者:orange  投稿日:2007年 6月20日(水)01時57分52秒
  出産に立ち会うなどといっていますが、あんな神聖な場所に男ごときが入る(一緒に立ち会う、見届ける)なんぞ恐れ多い!!! もちろん分娩室に入る前と後は大事にするけれど・・・。馬鹿な男が増えてるとオレは情けない!!!  
    ((ユ)) こんちは・・・って・・・すみません、どちらさまでしょう・・・。
チト、どきどきしておりまして・・。

本題です。

v(ー_ー)チッチッチッ

出産立会いは、せんといかんバイ!!


理由は、今度お会いしたときに、じっくりお話させていただきま~す。

いじょ~う
 

まいど!

 投稿者:orange  投稿日:2007年 6月20日(水)01時51分57秒
  (ユ)さんこんばんわ、なかなか忙しそうで・・・もちろん他言無用なのでご心配なく^^今日はちと覗いてみただけなんで、またうかがわせてもらいます。体にきをつけて・・・。  

エリの結婚式 東京見物 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月19日(火)21時06分5秒
編集済
  目が覚めた。



今日は、妹と甥っ子とふじ子さんが帰福する日だ。



でも、飛行機は夕方の便なので、それまで東京見物に行くことにした。



ホテルのロビーで東京のお勧めスポットを聞いたところ、ご丁寧に何枚かのパンフレットをいただいた。



そのパンフレットをみて、どこに行くかの家族会議が始まった。



甥っ子メインになるため、普通の見物ではなく、甥っ子がすきそうなのを考えた。



パンフレットをめくってみると、なんと、水族館が載っていた。



甥っ子は、水族館に行ったことない。



甥っ子に聞いてみた。



『ケイちゃん(甥っ子)、たいたい(魚)見に行く?』



甥っ子がにっこり笑っていった。



『たいたい(魚)、見に行



ということで、水族館に決定!!



水族館は、八景島とサンシャインと二つあったが、距離と時間を考えて、池袋のサンシャイン水族館に決めた。



それから、チェックアウトの準備をして、ロビーに向かった。



ロビーには、(ユ)親族ご一行様が集まっていたので少し話をしてから、お別れした。



(ユ)たちは、新宿駅までタクシーで移動した。



新宿駅から池袋まで電車での移動だ。



電車好きの甥っ子は、大興奮している!!



そんな甥っ子をなだめながら、電車にのり、池袋についた。



池袋からサンシャインまで歩いた。



サンシャインに入ると、水族館までそうとう歩いた・・・。



甥っ子は、少々、ぐったりしている・・・。



やっとこ、水族館についたので、水族館の前のチケット売り場で、チケットを買った。



水族館に入る前に、ちっちゃい動物園みたいのに入った。



甥っ子は、あまり動物が好きではないらしく、おどおどしながらそのハウスの中を通過した。



その後、水族館に入った。



はじめに、きれいな熱帯魚の水槽があった。



小さな、いろんないろの魚がうようよしていた。



甥っ子は、水槽に張り付いて、目をキラキラさせながら、言った。



『たいたい、キレイ、ねー』



ほったらかしていると、ずっと見ていたので、次の水槽に移った。



次の水槽は、サメとか、エイとか、ウツボとか、すっげーでかいサカナとかが泳いでいた。



甥っ子が、恐る恐る水槽にちかづくと、すっげーでかいサカナが甥っ子の目の前に現れた。




( ̄□ ̄;)!!



甥っ子は、あまりのサカナのでかさに驚き、後ずさっていた。



そして、この水槽は、甥っ子に対して刺激が強すぎるので、次の水槽に移動した。



そうやって、いろんな水槽をみていると、カニの水槽があった。



甥っ子は、カニも嫌いだ・・・。



(なんか、虫系がだめみたいなので、カニもそうみえるのかも)



妹が言った。



『ケイちゃん(甥っ子)、これみて!』



甥っ子が振り向くと、そこには、大きなカニがウヨウヨいた・・・。



( ̄□ ̄;)!!!!



甥っ子が『とわぁい、とわぁ~い(こわい、こわ~い)・・・』といいながら、後ずさった。



(甥っ子は、「カ行」の発音が「タ行」になる)



それから、歩いていくと、淡水魚のコーナーになった。



淡水魚も、気持ち悪いでっかいサカナとかいて、甥っ子を苦しめた。



それから、さらに先にすすんだ。



な、なんと、カエルのコーナーがあった。



甥っ子は、カエルもだめである・・・。



しかし、カエルだけあって、カエルの水槽のどこにいるのかわからない・・・。



草むらしかない水槽だったので、(ユ)が甥っ子を抱えて見せてみた。



甥っ子は、草しかないので、普通にカエルの水槽を見ていた・・・。



(ユ)が、少し横をむくと、そこにはでっかいカエルが!!!




( ̄□ ̄)『ぎゃーーー』



あまりのでかさに、(ユ)が驚いて声を張り上げてしまった。



甥っ子は、(ユ)の大声にびくっとしたが、カエルの存在には気づいていない・・・。



なので、(ユ)が、甥っ子をカエルの水槽のガラスにひっつけて、指差して教えてやった。



( ̄□ ̄)『とわぁぁぁぁ~~~~い(こわーい)』



甥っ子は、(ユ)から離れようともがきながら、叫んだ。



ちょっとかわいそうだったので、(ユ)は甥っ子をリリースしてやると、甥っ子は、小走りで逃げていった。


それから、水族館を後にして、サンシャインの展望台に向かった。
 

エリの結婚式 ホテルにて・・・その7 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月18日(月)12時30分55秒
  (ユ)たちが、お酒を買ってきたのを思い出したので、



(ユ)親族ご一行様は、鳥取のおばちゃんの部屋に集まることにした。



そこで、缶ビールを配り、乾杯した。



小一時間ほどしたときに、酒がなくなった。



ちょうど、いとこのリカ(新婦の妹)夫婦が東京の友達と飲んでいるとのことだったので、



岡山のオバちゃん(リカのお母さん)が、リカのだんなに電話した。




『芋焼酎と氷と水かってきて!』



きっと、リカのだんなは、



久しぶりに上京したので東京の友達と楽しく飲んでいるところ、



義理の母親からのお使いの電話にとまどったことだろう・・・。





30分後に、リカ夫婦が現れた。



飲み会の途中で、すぐにお使いにいったようだ・・・。



リカのだんなは、得意げに、焼酎を取り出した。



『芋焼酎買ってきました!!』



リカのだんながみせた焼酎のビンには、



『大分 麦焼酎  いいちこ』



と書かれてあった・・・。



みんな、一瞬、目が点だった・・・。



その後、鳥取のおいちゃんが言った。



『お前、どこに目がついとんか!「麦」ってかいてるやないか!!』



((ユ)の親族は、みんな手厳しい・・・)



リカのだんなは、自分の友達をほったらかしてお使いをしてきたのに、大失敗をおかしていた・・・。



でも、みんな、その焼酎を堪能した。



(酒なら、なんでもよいみたい・・・)



(ユ)も最後は焼酎を飲みながら、リカのだんなと話した。



リカは妊娠しており、もうすぐ臨月だった。



出産の立会いについて(ユ)がリカのだんなに聞いてみた。



『出産は、立ち会うん?』



リカのだんなが言った。



『怖いので、立ち会いません・・・』



(ユ)は、熱弁した。



『イヤ!!だんなは、立ち会わんといかん!!』



『だんなさんは、奥さんががんばっているところをみらんといかん!!!』



それから(ユ)が、小一時間くらい『出産の立会いについて』リカのだんなに熱弁をふるった。



(飲んでたんで・・・)



(ユ)の熱弁が終わるころ、お開きの時間となった。



(ユ)と妹と甥っ子とふじ子さんは、自分たちの部屋に戻った。



それから風呂に入って、速攻で寝た。
 

エリの結婚式 ホテルにて・・・その6 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月15日(金)12時38分39秒
  ホテルについた。



みんな、食べ過ぎたおなかを抱え、ホテルに入った。



(ユ)は、コンビニに行きたかったので、妹とコンビニに行くことにした。



それを聞いた鳥取のおばちゃんが言った。



『アイス買ってきて!』



『あ、デザートは別バラなのね・・・。』と思いながら、(ユ)は、ご注文を承った。



つられて(?)ふじ子さんが言った。



『お母さんも!チョコがいい!チョコ!!』



『はい、はい、わかりました。』と思いながら、(ユ)は、さらに、ご注文を承った。



いろんな注文を承っている(ユ)のお金が心配だったのか、別府のおいちゃんも一緒についてきてくれることになった。



甥っ子は、ふじ子さんに預けた。



ホテルの人に、コンビニの場所をきいて、(ユ)たちは、探しさまよった。



やっとこコンビニについたので、承ったご注文の品々をかごに入れた。



(ユ)は、お茶がほしかったので、お茶をかごにいれた。



それから、コンビニの中をぐるりとまわると、『アルコールコーナー』が・・・。



(ユ)は、迷わず、缶ビールをかごにいれた・・・・。



それを見ていた、妹は、迷わず、カクテル系の飲み物をかごにいれた・・・・。



別府のおいちゃんが



『おまえら、まだのむんか・・・』



といいながら、缶ビールや焼酎をかごにいれた。




そのときである。



甥っ子を抱っこしたいとこのもっくんが現れた。




甥っ子は、『もっちゃん、キライ』といっていたのに、



(ユ)と妹がいなくなった瞬間、いとこのもっくんに寄ってきたらしい。



いとこのもっくんは、甥っ子に言われて、(ユ)たちのところにきたようだ。



甥っ子からすると、○○とハサミは使いようといったところか・・・。



甥っ子のお菓子も買い、(ユ)親族ご一行様のもとに戻った。



(ユ)親族ご一行様は、ロビーでまっていた。



そこに、新郎新婦もいた。



いろいろ話をきいていると、新郎新婦が本日、めでたく?初夜を迎えるお部屋は、



すぃ~とる~むらしい・・・。



ということで、(ユ)親族ご一行様は、新郎新婦の部屋を観光することとなった。



(ユ)は、初めてスイートルームに入ったのであるが、まるで、マンションのようだった。



部屋がいっぱいあるし、キッチンとかあるし、部屋に果物(タダ)とかあった。



(ユ)親族ご一行様は、スイートルームを堪能したので、自分の部屋にもどることにした。



部屋からでると、ふじ子さんの手に果物があるではないか・・・。



(エリちゃんが、もって帰っていいって言ったんよ!・・・本人談)




それからエレベータに乗り込んだ。
 

エリの結婚式 ホテルにて・・・その5 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月13日(水)12時53分41秒
  披露宴も佳境に入り、新郎新婦から両親への花束贈呈が行われた。



かなり、佳境に入っているのにもかかわらず、(ユ)がビデオ撮り係として活躍していたそのときだった。



ビデオの画面に、『電池切れ』のマークが表示した・・・。



数秒後、ビデオがコト切れた・・・。



『あの、酔いちくれのおやじの呪いや・・・』



(ユ)は、そうおもいながら、新郎新婦から両親への花束贈呈や、新郎の挨拶などを、心のビデオに撮りおさめた。



そうやって、披露宴は無事(?)に終わった。



(ユ)は、妹と甥っ子とふじ子さんより先に退場し、ホテルのチェックインのためにロビーに向かった。



ロビーで部屋の鍵をもらい、ふじ子さんたちのもとにむかった。



ふじ子さんたちと親戚のおばさんは着物をきていたので、(ユ)たちの部屋で着替えることになった。



部屋につくと、とても広い部屋だった。



ユニットバスも、そうとう広い・・・。



さすが、センチュリー○イアットホテルだ・・・。



感動はさておき、(ユ)と妹と甥っ子も、『よそ行き』(特に、(ユ)は、女装)だったので、



いつもの服に着替えることにした。



その間に、ふじ子さんは、そそくさと着替えて、親戚のおばさんが帰るのを見送りに行った。



(ユ)と妹と甥っ子は、少し疲れたので、ベットに横になってテレビをみていた。



気がついたら、小一時間くらいふじ子さんが帰ってこない・・・。



(ユ)と妹は、かわるがわる、ふじ子さんに電話してみたが、一向にでない・・・。



心配になって、鳥取のおばさんに電話してみた。



『いま、こっちにきとるがな。』



ふじ子さんは、うちらのことをほおっておいて、鳥取のおばさんの部屋でだべっていたらしい。



それから、30分後くらいに、ふじ子さんが戻ってきた。



ふじ子さんが言った。



『今から、みんなで夕食いこうってよ。』



ということで、新宿の街に、ごはんを食べに行くことになった。



ホテルから新宿駅までバスがでているので、(ユ)の親戚一同は、それに乗りこんだ。



新宿駅に着いた。



岡山のおばちゃん(新婦の母親)が(ユ)に言った。



『このバス、いくらなんかな?』



(ユ)は、バスの出入り口をみてみると、誰一人お金を払うモノはいなかった。



(ユ)が、『タダみたいよ。』と岡山のおばちゃんにいうと、




『え!?タダなんかえ!?』と驚いていた。



新宿駅についてから、どこで食べに行くかを(ユ)の親族ご一行様は考えた。



考えること、数十分・・・。



(ユ)の親族ご一行様は、新宿なんて都会は知らないので、とりあえず、あるきだした。



居酒屋さんがたくさん入ったビルがあった。



その前で、また、(ユ)の親族ご一行様は、そこに入るかの会議を行った。



数分の協議の結果、そのビルに入ることにした。



エレベータで上まで行くと、そのフロアは居酒屋ばっかりだった。



そのエレベータに降りてすぐ、、また、(ユ)の親族ご一行様は、どの居酒屋に入るかの会議を行った・・・。



数分後、1件の居酒屋に決定した。



9人は座れないので、男チーム(4人)、女チーム(5人+甥っ子)で2席に分かれて座ることになった。



女チーム((ユ)と甥っ子含む)は、新宿なのに、モツ鍋を頼んだ。



居酒屋によく行く(ユ)が、1人前の量を考え、3人前を注文した。



先にビールが来たので、乾杯した。



さっきも、結構飲んだのであるが、ビールはうまかった・・・。(* ̄0 ̄*)ノ口 うーいもう一杯!



数分後にモツ鍋3人前が来た。



3人前の量は、適量だった。



ふと、後ろの男チームを見てみた。



男チームもモツ鍋を注文したようだ・・・。



しかし、かなり、量が多い・・・。



いとこのもっくんに聞いてみると、4人なのに4人前頼んだらしい・・・。



鳥取のおいちゃんが、うちらが見ていたことに気がついたのか、大量のモツ鍋を薦めてきたが、(ユ)は、丁重にお断り申し上げた。



しこたま、くって、飲んで、居酒屋をでた。ε= o(´~`;)o タベスギー



この日は、岡山のおいちゃんとおばちゃんが、すべてお支払してくれた。



(ごちそうさまでした)



帰りは無料バスがなかったので、タクシーで帰った。
 

エリの結婚式 ホテルにて・・・その4 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月11日(月)12時48分34秒
  次に(ユ)が向かったのは、新郎側のテーブルだった。



さすがに、新郎側だけあって、若いオス・・いや、男の人がいた。



しかし、お祝いの言葉をもらう以外は、なにんの出来事もなかった・・・。



新郎側の親戚のテーブルに言った。



おいちゃんみたいな人にお祝いの言葉を求めた。



すでに酔いちくれていたようであるが、快く、お祝いの言葉を話し出した。



(ユ)は、ビデオをまわしだした。



あれ・・・?



なんか、そうとう長くない・・・?



まだ、しゃべってるよ・・・。



(ユ)は、電池の時間を気にしだして、ソワソワしてみた。



しかし、おいちゃんは、まだしゃべっている・・・。



途中で甥っ子が、(ユ)の手をひっぱりに来たのであるが、



それでも、おいちゃんの話が終わらない・・・・。



数分後、おいちゃんの話が終わった。



(ユ)の体感時間5分ほどしゃべったおいちゃんは、とても満足そうだった。



最後に、(ユ)に握手を求めてきたので、タダで握手をしてやった。



新郎の父親にもお祝いの言葉をもらった。



さすが、某N○Kのアナウンサーだけあって、話がうまい。



最後に、横にいた新郎の母親にまで、話を振るほどだ・・・。



でも、横にいた新郎の母親は、そんな某N○Kのアナウンサーの振りなんてかまわずに、



反対の隣にいたおばちゃんと、お話をされていた・・・。



某N○Kのアナウンサー、話、振り損!!



(自分でも、『せっかく、ふったのにぃ~』って独り言を言ってました。)



無事、みんなのお祝いの言葉をビデオに収め、自分の席に戻った。



そのときである。



ちびっ子から新郎新婦への花束贈呈が始まった。



なんと、甥っ子も、その花束贈呈に参加するのである。



なので、甥っ子は、福岡からお祝いの言葉を練習してきていたのである!!



かわいらしい音楽がながれ、下座のほうに、甥っ子(2歳♂)と、いとこの子供二人(6歳くらい♂、4歳くらい♂)の3人が並んだ。



いとこの子供(6歳)、いとこの子供(4歳)、甥っ子(2歳)の順で、花束を持ち、新郎新婦のもとに向かった。



新郎新婦の前につくと、いとこの子供(6歳)が花束を渡しながら言った。



『おめでとう』



続いて、いとこの子供(4歳)も、『おめでとう』といいながら、花束を渡した。



甥っ子は、最後のおおトリだった。



甥っ子は、オイシイ事を知っている・・・。



甥っ子は、花束を突き出して、マイクに向かっていった。



『エリちゃん、おめでとう、ございましゅ』( ̄ー ̄)ふっ



一番ちびっ子の甥っ子が、一番上手だった・・・。



甥っ子は、おもちゃをもらって、満足そうだった。



あいつは、大物になるバイ・・・。(やっぱり、オババカ!?)
 

エリの結婚式 ホテルにて・・・その3 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月11日(月)12時28分19秒
  披露宴が始まった。



披露宴の司会は、某N○Kの女性のアナウンサーだった。



ふじ子さんは、披露宴が始まる前に、親族待機室に挨拶にきたので、



一緒に写真を撮ったと、自慢げに話していた。



でも、(ユ)は、その某N○Kの女性のアナウンサーをしらなかった。



(でも、結構、有名みたいでした・・)



まず、はじめに新郎の来賓の挨拶が始まった。



挨拶が終わると、某N○Kの女性のアナウンサーが、コメントを述べていた。



何回も経験した?結婚式で、来賓の挨拶にコメントする司会者は初めてだった。



『オイオイ、ニュース番組じゃね~のになぁ・・・』と思いながら、目の前の料理にありつけるのを待っていた。



そのときである。



甥っ子が、フォークとナイフを持ち、皿をたたき出した・・・。



新婦側の挨拶していた方、すみません・・。



ホテルの人がパンをもってきたので、妹は即座に甥っ子にパンを与えた。



( ̄~; ̄)ムシャムシャ



甥っ子は、静かになり、食べだした。



数分後、普通にパンを食べるのが飽きたのか、



パンを皿の上に置き、フォークとナイフで食べようとしている・・・。



上品?な甥っ子ではあったが、フォークとナイフで、パンがうまいこと切れない・・・。



かつ、皿にあたり、騒音が会場に響き渡っている・・・。



そんな中、誰かが乾杯の挨拶をし、食事ができる体制となった。



料理は、そこそこうまかった。



(ユ)は、自称ビデオ係だったので、すぐにビデオを撮りに回った。



新婦の友達は、すんなりビデオ撮影が終わった。



(ユ)の親族の番となった。



鳥取のおいちゃんのところにいって、お祝いのコメントを求めた。



鳥取のおいちゃんが言った。




『由香ぁ。お前も早く行かんと、どうするんかぁ!!!』



鳥取のおいちゃんは、いとこではなく、(ユ)にコメントを言い出した。



鳥取のおいちゃんをなだめすかし、次に、鳥取のおばちゃんのところにいった。



鳥取のおばちゃんは、お料理をもりもり食べていた・・・( ̄~; ̄)ムシャムシャ



(ユ)は、にお祝いのコメントを求めた。



おばちゃんは、お口をモグモグさせながら言った。



『由香も早く(嫁に)行ってください。』



『いや・・・。だから、私やなくて、エリちゃんに・・・・。』



(ユ)は、言葉に出すこともなく、心の中でそう思った。(言っても聴いてくれんし・・・)



いろいろと親戚をめぐり、甥っ子の番になった。



甥っ子が、東京に来る前から練習していた言葉を言った。



『えりちゃん、おめでとうごじゃいましゅ。』



(ユ)は思った。



『あんた、鳥取のおばちゃんたちより、話がわかるね!!』



甥っ子は、ちょっと賢いかもしれない・・・。(オババカ!?)
 

エリの結婚式 ホテルにて・・・その2 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月 8日(金)12時50分27秒
  家族紹介も無事に終え、すぐに挙式のために教会に移動することになった。



親族一同、大移動?である。



順番にならび、教会に入った。



(ユ)は、



『今まで、人のために、何回教会にいっただろう・・・』



なんて、考えながら、いすに座った。



(ユ)は、ビデオ撮り係(勝手に係になった)だったので、



バージンロードに一番近い席に座った。



少しまっていると、新郎が入場した。



それから、新婦と大工のおじさんが入場した。



大工のおじさんは、娘を嫁にやるのが2回目であったが、



やっぱり、花嫁の父のせいか、とってもさびしそうだった。



神父さんの話をきき、賛美歌を歌い、教会での挙式は滞りなく終了した。



その後、別室に呼ばれ、親族写真をとることになった。



そういえば、今まで、数回写ったことがあるが、一度もできあがりを見たことがない・・・。



あれって、どうなってるんだろう・・?なんて思いながら適当ひな壇に並んでいると、



自分たちがきれいに写るかを確認するために天井からつるされた床まである大きなのサイズの鏡が現れた。



(ユ)と妹は端っこだったので、鏡は、すぐに通り過ぎて行き、自分の確認をすることができなかった。



写真屋さんは、数枚写真をとった。



(ユ)は、いつものポーズで写真をとった。



甥っ子も、いつものポーズ((ユ)と同じポーズ)で、写真をとられていた。



写真撮影のあと、披露宴開始まで少し時間が空いた。



暇なので、親族待機室に行くことにした。



鳥取のおばさんがいた。



鳥取のおばちゃんは、最近、デジカメを覚えたようで、たくさん撮っていた。



窓をのぞくと都庁が見えた。



しかし、この日は天気があまりよろしくなくて、都庁の上のほうは雲で隠れていた。



鳥取のおばちゃんは、そんなことはかまいもせず、



部屋の窓の目の前にそびえたつ都庁を一生懸命撮っていた。



都庁撮影が終わると、今度は、待機室にいるみんなを片っ端から撮っていた。



(ユ)の母親のふじ子さんは、久しぶりにあう親戚と、くっちゃべっていた。



(ユ)が、じーっと椅子に座って観察していると、



ほんとに、ず~~~~っとしゃべっているのである。



(ユ)は、『ふじ子さんは、あんなにしゃべって、つかれんのやろか?』と



素朴な疑問を抱いてみたりしながら、披露宴開始を待った。
 

エリの結婚式 ホテルにて・・・その1 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 6月 6日(水)12時51分20秒
  小一時間ほど電車にゆられ、新宿に到着した。



新宿駅で、少々路頭にまよったが、30分程さまよっていると行きたい出口についた。



結婚式があるホテルまで、タクシーで移動した。



ホテルについた。



チェックインはまだできなかったため、着替える時間になるまで、



親戚の部屋で待機することになった。



ふじこさんが、新婦の両親に祝儀を渡していた。



(ユ)と妹は、祝儀の準備をしていなかった。



なので、新婦の両親のおじさんとおばさんの前で、祝儀袋にお金をつめて、にっこり笑って渡した。



そうこうしていると、他の親戚たちがぞくぞくと集まってきた。



甥っ子は、美容師のいとこに頭をセットしてもらった。



そろそろ時間になったので、着替えるために、更衣室に行った。



着替えてから、美容室にいった。



頭のセット代は、無料だった。(新郎新婦もちらしい・・・)



完璧?に女装できて満足していたその矢先である。



親族紹介が始まるため、急いで親族待機室へ行くように指示された。



(ユ)と妹と甥っ子は、待機室に向かった。



そこには、新郎側の親族、新婦側の親族が向かい合って座っていた。



いとこのもっくんに、(ユ)と妹の座る席を教えてもらった。



席は、もっくん、(ユ)、妹の順で、妹が一番最後だった。



甥っ子は、妹のひざに座った。



今から親族紹介がはじまろうとしたそのときである・・・。



ぷぅ~~ん



なんか・・・・



くさい・・・・・



甥っ子が、横でニヤリと笑っている・・・・



どうやら、う○ちがでてしまったようだ・・・。



妹と甥っ子は、速攻で退室し、オムツを替えに行った。



数分後・・・。



親族紹介が始まった。



新郎のお父さんは、某N○Kのアナウンサーなので、



自分の親族の紹介を上手にしていた。



少し、笑いも取り入れてみたりして、さすが、アナウンサーだと思った。



新郎の親族紹介が終わると、新婦側の紹介が始まった。



新婦のおとうさん((ユ)のおじさん)は、大工である。



なので、かなり口下手だ・・・。



新婦、新婦の母((ユ)のおばさん)を紹介し、新婦の妹を紹介しようとしたときである・・・。



おじさんが言った。



『新婦の妹の・・・』



『リカさんです。』




み、身内に『さん』付けですか・・・。



(ユ)は、頭で思ったつもりが、口にでていた・・。



それから、おじさんは、淡々と親族紹介をしていった。



それぞれが自己紹介をする時に、噛んでしまう人がいた。



そのたんびに、(ユ)か、妹か、いとこのもっくんは、笑いが我慢できなかった・・・。



いとこのもっくんが言った。



『おれ、こういうの、慣れてないんに・・・』



客商売しているのに、人前で話すのが苦手らしい・・・。



いとこのもっくんの番になった。



そこそこ普通に自己紹介をしていた。



(といっても、名前を名乗るだけ)



(ユ)の番になった。



(ユ)も滞りなく自己紹介が終わった。



妹の番になった。



おじさんが言った。



『いとこの 浦 穂(うら みずほ)さんです』



そのときである・・・。



『はぁ~いっ!!』



元気に、甥っ子が、大声で返事した・・・。



(ちゅーか、お前の名前じゃねーだろ!?)



新郎側の親戚は、『よいお返事ですね・・・』と苦笑していた・・・。



妹は、苦笑しながら、自己紹介をしていた・・・。
 

エリの結婚式 河野家ご一行様、羽田に現れる 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 4月 5日(木)12時49分8秒
  電車を乗り継いで、羽田空港の到着ロビーについた。




荷物受け取りの出口について、妹たちをまった。




15分ほどまちぼうけを食らってると、妹から電話がかかった。




『あんた、どこにおるん』




(ユ)は、5番出口の前で待っていることをつたえた。




数分後・・・。




出口のガラスの向こうに、ふじ子さんと妹と甥っ子の姿が現れた。




ふじ子さんと妹とは目があったのであるが、甥っ子はきょろきょろしていた。




甥っ子は、妹に促され、(ユ)の方をみた。




『ゆたぁ~!』




(といっても、ガラスの向こうなんで声は聞こえない)




といいながら、出口の自動ドアの前まで駆け寄ってきたが、




甥っ子が子供だからか、自動ドアは開かなかった。




空港の人が気づいてくれて、(ユ)と甥っ子は出会った・・・。




甥っ子がしきりに、




『ひこうき、ぶーん、のったんよ』




と話していた。




数分後、ふじ子さんと妹が荷物をもって出てきた。




(ユ)は、朝ごはんを食べてなかったので、空港の地下のところで食事をし、




結婚式は、新宿のセンチュリーハイアットで行われる事になっていたので新宿に向かった。




羽田空港から新宿までの交通手段であるが、リムジンバスと電車があったので、




甥っ子にどっちにするか聞いてみた。




甥っ子は、悩みもせず、『でんしゃっ!』と答えた・・・。




というわけで、モノレールに乗ることにした。




モノレールに乗る前に、電車での移動時に、いちいち切符を買うのが面倒なため、




ふじ子さんにSuicaを事前に渡していた。




ふじ子さんは、そのSuicaの使い方はしらない・・・。




しかし、ふじ子さんは、すごかった。




悩みもせず、そのカードを持って、切符販売機に向かっていた・・・。




なので、(ユ)が教えてあげた。




『改札のところで、青いところにかざしたらいいんよ。』




ふじ子さんは、改札で、恐る恐る、青いところにSuicaをかざした。




ピッ!




改札の、扉が開いた!!




ふじ子さんは、文明の利器に感激していた・・・。




(JR九州も、はやくSuicaにしてくれ~)




ホームにおり、モノレールにのった。




上下線のモノレールをみて、興奮する甥っ子




Suicaのすごさに、感動を抑えきれないふじ子さん




(ユ)と久しぶりにあったので、話のとまらない妹




そのご一行様を引き連れて、新宿に向かった・・・。




~ エリの結婚式 ホテルにて・・・その1 編 につづく ~
 

エリの結婚式 前夜祭? (ユ)、安眠できず?(最終)編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 4月 1日(日)15時57分23秒
  中野のおじさんは寝てしまっていた。




家に上がると、中野のおばさんと、その娘のけいこさん(4?才くらい?独身)と、




もっくんの父親の別府のオイちゃんが話していた。




もっくんが、こっそり言った。




『おとうさん、かなり、できちょんけん(できあがってる)』




ま、それは、見てわかった。




別府のオイちゃんは、中野のおばさんと、けいこさんに、いろんな昔話をたくさんしていた。




かつ、(ユ)と、けいこさんに、




『お前たちは、結婚をあきらめたんじゃろ?




まぁ、ここまでくれば、独りでも生きていけるじゃろう』





しつこく話していた。




(ユ)一人なら、まだ、自虐的な受け答えをして、笑いにかえようと思えばできるのであるが、




(ユ)のかなり年上のけいこさんがいたので、




なんともいえない雰囲気を味わってしまった・・・。




そんな話をしながら、深夜2時前まで飲んで話した。




その晩は、十数年ぶりに、もっくんと布団をならべて寝た。




(ユ)は、少し飲んでいたので、いびきをかくかもしれないと、もっくんに警告した。




そして、3時くらいまで、たわいもない話をした。




(ユ)が、寝付くかな・・・と思ったそのときである。




もっくんが言った。




『あの時計、うるせぇな・・・』




その部屋にあった時計は、1秒に何回も「チッ!チッ!」となっているのである・・・。





それが気になって、(ユ)は、寝れなくなった・・・。




その数分後である・・・。




もっくんが、すごいいびきで先に寝たではないか・・・。




(ユ)は、おかげで、あまり寝れなかった・・・。




翌朝。




ふじ子さんと、妹と、甥っ子が、9時着の便で羽田に来るため、




(ユ)は、6:30に起床して、準備をした。




洗面台のところで、用意していると、




中野のおじさんが、トイレにやってきた。




(ユ)、今回、初対面だったので、




『おはようございます・・・。




昨日は、夜分にすみませんでした・・・!』





と、話すと、おじさんは、




『いらっしゃい』といって、トイレに入った。




いや、ほんとに、申し訳ない・・・。




そそくさと用意をして、中野のおじさんちをあとにした。
 

エリの結婚式 前夜祭? もっくん、東京を嫌う?編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 4月 1日(日)15時54分41秒
  小一時間後・・・。




おじさんのすむ、新中野駅についた。




出口が前と後ろだったので、むかえにきてるはずのもっくんに、どの出口なのかメールした。




でも、返事がない・・・。




(ユ)の野生の感で、前のほうの出口に向かってみた。




出口の改札のところに、もっくんらしき人物が、




『ゆかちゃん!』と叫んでいた。




(ユ)は、コンタクトもしてなかったので、とりあえず、『もっくん?』と呼んでみた。




改札にいる人は、もっくんだった。




駅から少し歩いたら、中野のおじさんのうちがあった。




おじさんちにつくまで、もっくんと話した。




もっくんが、言った。




『東京人は、つべてぇな。(冷たいね)』




(ユ)が、何かあったんか聞いてみた。




もっくんが、切々と話し出した。




もっくんの話の内容は、以下のとおりである。




(ユ)を迎えに新中野の駅に行くことになったが、駅の場所がわからなかったので、




通りすがりの人に、『すみません。』って、話しかけたところ、




その人は、見向きもせず、無視して立ち去った・・・・とのことだった。




『別府やったら、とりあえず、たちどまるんに、東京は、つべてぇ!!』




かなり、憤慨していた。




でも、声をかけられた人が、無視して通り過ぎたのもわからなくはない・・。




もっくんは、背が高く、ひょろっとしている25才独身の子であるが、




みためは、かなり、○ンピラっぽい・・・。




かつ、無精ひげまではやしているので、うっかり、相手したら、




東京湾にでも沈められるか、




どっかの海外にうられるんじゃないか・・・とか、





想像力が長けていると、想像してしまいそうな勢いである。




ま、そんなこんながあって、深夜0時半ごろに、中野のおじさんちに到着した。




~ (ユ)、安眠できず?編 ~ につづく・・・。
 

エリの結婚式 前夜祭? (ユ)、中野に行く? 編

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 4月 1日(日)15時52分25秒
  先日、母方のいとこの結婚式があった。




いとこの結婚式は、日曜日に、東京の新宿で行われた。




まずは、その前日である。




土曜日の夜、夕方くらいから、缶チューハイなどを堪能し、風呂も入ってたので、TVを見ながら、まったりしていた。




ちょいと、暇だったので、大分の別府から結婚式にくるといわれてた、いとこの「もっくん」にメールしてみた。




『あんた、いつくるん?』




すぐ、もっくんから返事がきた。




『もう、東京におるよ。中野のおじさんとこ。暇やけ、飲みきてよ!!』




新小岩から中野までの電車の時間をみてみたら、45分くらいかかるみたいだった。




すでに、21時を回っているし、明日の結婚式の晩にお泊りする準備もまだだったので、




ちょっと、考えることにした。




とりあえず、用意をしたら、23時近くだった。




再度、もっくんにメールしてみた。




『いま、用意おわったんやけど、まだおきちょる?』




もっくんから返事がきた。




『まだ、余裕!』




(ユ)は、急いで駅まで行った。




でも、夜の電車はなかなかこなかった。




『こんままやと、中野につくのは、0時すぎるな・・・』




中野のおじさんは、ふじ子さん(母親)のおじさんで、




(ユ)は、15年前に初めていったくらいで、それからかなり疎遠である・・・。




そんなお付き合いなのに、




こんな深夜に、




かつ、少し酒臭く、




風呂に入ったので、化粧もせず、




手土産もない状態





でお邪魔してもいいとかいな・・・。




と思いながら、来た電車に乗った。




(ユ)は、思いのほか小心者であるが、




35歳にもなると、なんでも面倒くさくなって、どうでもいいや!と思うことが多々あるようになった。




~ もっくん、東京を嫌う?編 ~ につづく・・・。
 

出会い・・・

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 2月25日(日)00時42分51秒
  先日のお昼のことである。




(ユ)は、客先で作業しているため、昼食をとるために、くだりのエレベータを待っていた。




客先のエレベータは、お昼時になると、いつも満員で、なかなか乗ることができない・・。





数分待つと、一人くらい乗れそうな状態のエレベータが止まった。




というわけで、(ユ)は乗ることにした。




そのときである。




誰から、エレベータの下に引いているマットをめくり上げていたようで、




(ユ)は、それにつまずいてしまった・・・。




かつ、満員エレベータの中に突っ込んで倒れこんでしまったのである・・・。





またまた、そのときである・・・。




誰かが、(ユ)の手を握って、倒れるのを防いでくれているではないかっっ!!!





(ユ)は、ドキドキしながら、(ユ)を支えてくれた人を見てみた・・・。





そ、その人は・・・・。




もう少しで、定年しそうな、おいちゃんだった・・・。




おいちゃんが言った。




『大丈夫?』




(ユ)が答えた。




『だ、ダイジョウブです・・・・。』




すっごい、出会いのシチュエーションやったのに、




なんで、おいちゃんなんよ!!!( iдi ) ハウー




でも、おいちゃん、たすけてくれてありがとう・・・。
 

歯医者

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 2月25日(日)00時34分25秒
  先日、モーレツに左の奥歯が痛くなったので、




寮の近くの歯医者に行ってみた。




スリッパに履き替え、受付で保険証を出した。





受付のおねーさんから、問診表を差し出されたので、





いすに座って、書いていた。





真ん中くらいの質問を書き終えたくらいに、





診察室のドアが開き、治療を終えた患者さんがでてきた。





最後らへんの質問を書き終えたくらいに、





さっき、診察を終えた患者さんが、支払いのために、受付のおねーさんに呼ばれた。




『○○さ~ん』





『今日は・・・・15万円になります・・・。』





じゅう・・・・5万円・・!?( ̄◇ ̄;)





さっき診察を終えた患者さんは、平然としてお支払いをしている・・・。





ここは、セレブの歯医者なのか・・・!?




問診表を受付のおねーさんに渡してドキドキしていると、(ユ)が診察室に呼ばれた。





診察をしてもらった結果、




もしかしたら、「おやしらず」がうずきだしたかも・・・とのことだった。





今、出張中のため、薬にて痛みと炎症をとめることになり、診察が終了した。




歯医者さんにお礼をいい、診察室をでた。





数分後、受付のおねーさんから呼ばれた。





(ユ)のお支払いは、3000円くらいだった・・・。




とても、ほっとしました・・・。
 

かわいい

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 2月 2日(金)23時18分11秒
  今日、あまのんさん、金ちゃん、キャンディ、ヤギーと飲んだ。





なぜか、ヤギーの彼女の話になったんで、





かわいいかどうか聞いてみた。





ヤギーが言った。





『正直、彼女はかわいいですよ!』





自分の彼女がかわいいと、自信満々にいうので、





(ユ)が関心してると、あまのさんが言った。





『彼女はどんな感じの子なん?』





『金納とカワノやったら、どっち?』





ヤギーがびっくりするくらい速答した。





『金納さんですっ!!』





( ̄□ ̄;)!!





わかってはいたが、かなり、速答すぎて驚いた…。
 

てれび

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月31日(水)12時58分36秒
  (ユ)のテレビをみて、勝彦さん(父親)がうらやましそうにしていた。





先日、やさしい(ユ)が勝彦さんに、言った。





『決算賞与がたくさんでたら、テレビ買ってあげようか?』





最近、家に帰ると、誰もいないリビングのテーブルに、電気屋さんのチラシだけが置いてあるのは気のせいですか・・・?
 

ふっちーの結婚式

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月31日(水)12時49分44秒
  先日、ふっちーの結婚式がありました。




(ユ)は、『おめかし』して出席した。





そう、結婚式でしか見られない『(ユ)の女装』である・・・。





(それを見ると、かなりご利益があると思われる)





ふっちーの結婚式では、新郎新婦が、各テーブルを回って、




テーブルの中の1名からお祝いのお言葉をいただく催し物があった。





PS社員のテーブルは2つあった(えらい人たちの席とそれ以外の席)。




えらい人たちの席では、前田さんがご指名された。




ご指名されたのが男の人の場合は、お祝いの言葉のあとに、





新郎持参のジョッキにビールが注がれていた。





そう、その注がれたものを一気しないといけないシステムだったのだ。





なので、前田さんは一気していた。





少しして、新郎新婦が(ユ)の席に回ってきた。





(ユ)の席は、(ユ)がご指名された。





女性からお祝いの言葉を贈る場合、





新婦さんからの『幸せのおすそ分け』がもらえるとのことだった!!





『ふっちー・・・。気を使わしてごめんね・・・』




と、ご指名していただいた感激?をかみ締めていたそのときだった・・・。





同じテーブルにいた、平本さんが言った。





『こいつ、ビール飲めます!!』





そのとき、新郎新婦のお付の人が、(ユ)にジョッキを差し出した・・・




なぜか、周りは盛り上がっている・・・。





(ユ)は、ジョッキに注がれたビールを飲み干した・・・。(* ̄< ゲプ





(そうとう、がんばった)





その後、ご褒美として、『幸せのおすそ分け』をいただけることとなった・・・。





ほかの人は、お祝いの言葉だけでもらえてたのに、(ユ)だけ、それを自分の力で勝ち取る形となった・・・。





新婦さんが、(ユ)の腕に、『幸せのおすそ分け』をつけてくれていたそのときである・・・。





ぼとっ・・・。





な、なんと『幸せのおすそ分け』が、床に落ちたではないかっ・・・・!!





周りから、




『縁起が悪りぃ~~~!!』





との悲鳴が聞こえた・・・。





その後、新婦さんから、しっかりつけてもらった。





それから、ふっちーの披露宴は、滞りなく進み、とても素敵な披露宴だった。




最後に、新郎新婦とご両家のご両親が見送る時間となった。




(ユ)は、ふっちーのご両親、新郎新婦の順番に挨拶をした。




最後、ふっちーの奥様のご両親に挨拶したそのときだった。





ふっちーの奥様のお母様が言った。





『あ、さっき、ビール一気してた方ですよね・・・。』





(ユ)は、ちょっと、有名人になったようだ・・・。(ー_ーゞ イヤァ・・・面目ない





↓勝ち取った・・・いや、いただいた、『幸せのおすそ分け』です!!
 

デートしました・・・(*^~^*)ゝ

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月23日(火)12時56分38秒
  先日、デートをしました。



昼くらいに、彼と彼の母親が車で迎えに来てくれました。


彼の母親が、赤間駅近くの大型スーパーで買い物をするとのことでしたので、私たちは、その大型スーパーまで一緒に行くことにしました。


ふじ子さんも、一緒に買い物に行くというので、車に便乗しました。


その大型スーパーで、彼の母親と別れ、私たちは赤間駅に向かいました。



赤間駅に行く間、川沿いを歩くのですが、その川沿いを仲良く手をつないで歩きました。


川に、シラサギという鳥がいました。


彼は、あまり動物に詳しくないようで、その鳥のことを、しきりに、『あひる!』といってました。


そんな楽しい(?)会話をしながら、赤間駅に着きました。



赤間駅のコンビニで、おにぎりとドーナツとチョコを買いました。



切符を買って、ホームに向かいました。



黒崎のデパートにショッピングに行くことにしていたので、小倉行きの電車を待ちました。



電車が来るまで15分ほどあったので、



駅のホームのいすに座って、さっき買った、おにぎりやドーナツを食べました。



彼は、電車が大好きなので、電車に乗るのが楽しみみたいでした。



時間がきて、電車に乗りました。



席はたくさん空いているのですが、電車大好きな彼のために、1両目の一番前(行く方向が見える)場所に立ちました。



電車は快速だったので、すごいスピードで、走り出しました。



彼は、大喜びでした。



20分ほどして、黒崎駅につきました。



デパートの中にある、化粧品やに行きました。



そこには、きれいな若いおねーさんがいました。



彼は、いつも以上に愛想よく、おねーさんに微笑みかけていました・・・。



それから、デパートの中を、少しうろうろして、デパートを出ました。



帰りは、彼の母親が私の家の最寄の駅まで迎えにきれくれるとのことだったので、今から帰ると電話してみました。



しかし、彼の母親は、今から別のスーパーに買い物に行くとのことだったので、少し時間ができました。



そこで、黒崎駅にある、ミスドで、お茶をすることにしました。



彼は、甘党なので、チョコのクリームがたっぷりつまったドーナツを選んで、おいしそうに食べていました。



15分くらい、楽しいお茶の時間を過ごし、電車に乗ることにしました。



その時間にちょうど、「有明」という特急電車がくるみたいだったので、彼に、特急電車で帰りたいか聞いてみました。



電車大好きの彼は、もちろん、特急電車に乗ることを選びました。



特急券を購入し、ホームに下りました。



5分ほど待つと、「有明」が到着しました。



彼と二人で「有明」に乗り込みました。



「有明」は、私たちを迎えてくれたのか、二人席が1つだけあいていました。



私たちは、そこに座りました。



彼は、窓にはりついて、車窓から流れる景色を楽しんでいました。



途中、折尾駅に電車が止まりました。



彼が、まだ窓に張り付いていると思っていたら、



その向こうには、電車を待っている女子高生がにっこり笑っていました。



かつ、その女子高生に、手を振ってました・・・。



女子高生も手を振っていました・・・。



こんなところで、ナンパですか・・・。



電車が発車しても、女子高生は、手を振っていました・・・。



きっと、彼に夢中になったに違いありません・・・。



15分くらいたち、赤間駅に到着しました。



彼は、もっと「有明」に乗っていたい気持ちを抑え、しぶしぶ降りました。



赤間駅に下りて、次に乗る快速を待ちました。



そのとき、彼の母親から電話がありました。



今、赤間駅に到着し、これから快速で(ユ)の家の最寄の駅に向かうことを説明しました。



すると、彼の母親が、彼のうちの近くの踏み切りで手を振るから見てて!と言いいました。



10分ほどして、快速電車がきたので、私たちはそれに乗り込みました。



数分後・・・・。


彼の母親が言っていた場所で、


彼の母親と、ふじ子さんが恥ずかしげもなく、大きく手を振っていました・・・!!!


その状況をよく知らないほかの乗客は、



あの大人二人は、そうとう、電車好きなのか!?



と、思ったことでしょう・・・。



か、かなり恥ずかしい状態でしたが、私と彼も、一瞬ではありましたが、手を振り返しました。



快速電車は、(ユ)のうちの最寄の駅に到着しました。



彼の母親とふじ子さんは、すでに、駅で待っていました。



彼は、彼の母親に駆け寄り、こういいました。




『ユタ((ユ)のこと)と「ありあけ」にのったよぉ~!!』(*^0^*)



そう、彼とは、甥っ子のことです・・・。(^~^;)ゞ
 

(* ̄0 ̄*)ノ口 うぃー

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月21日(日)00時17分18秒
  (* ̄0 ̄*)ノ口 うぃ~



とあるが、飲んだ話ではない・・・。





そう、今、はやり(?)の




『任天堂 Wii』を購入した。





(ユ)は、そこまでゲームっ子ではないのであるが、




先日購入したTVで、ヨドバシのポイントが増えたので、買うことにした。





買ったソフトは、『Wii Sports!!』




買った当日が飲み会だったため、深夜0時過ぎにセッティングを行った。





ようやくゲームができる状態になった。





さっそく、ゲーム開始!!




はりきって、『テニス』、『野球』、『ボーリング』、『ボクシング』をやってみた。





今、そうとう筋肉痛です・・・・。
 

ごみすて

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月21日(日)00時10分56秒
編集済
  今日、ごみを捨てにいった。



ごみ捨てと言っているが、




ただ、単に、集荷場所に出すのではなく、




ごみ処理場に持っていくのである・・・。





先日、大型TVを購入したので、部屋の片づけをしたところ、





ごみ集荷場にだせないくらいの、いらないモノが発掘されたからである・・・。





※(ユ)は、物持ちがよいらしい・・・。




というわけで、勝彦さんの軽トラを借りて、ごみを捨てに行くことにした。





ごみすてには、妹も連れて行った。





過去の(ユ)日記も書いたことがあるが、





このごみ処理場のシステムを説明しよう。





まず、入り口のところで、車ごと計量される。





で、出口のところで、再度計量を行い、




その差のキロ数で、料金が計算されるシステムである。




今回は、妹が受付に行くことになった。





そう、車を計量場所に停車させると、その重量が表示される。




その後に、妹が車から降りるので、その差が妹の体重になるのである・・・。





( ̄ー ̄)ニヤリ




妹の体重を確認し、車を不燃物に移動させた。





ここで、ガラス系、缶系、ポットなどを捨てた。




それから、可燃物をすてる場所へ・・・。





そこには、おいちゃんが二人いた。




(ユ)たちのごみを軽トラから下ろして、捨てるのを手伝ってくれた。





大型TVを梱包していた、発砲スチロール、着ない服、雑誌など・・・。




そこにいたおいちゃんが、ガムテープで封をされた、重たい紙袋を持ち上げていった。





『これは、何ね?』




(ユ)が答えた。





『あ、それ、アルバムです・・・』





おいちゃんが言った。





『過去は、捨ててしまおうね・・・』





『あ、いや、それ、別にそういう意味ありげな写真はなかったんですけど・・・。』




と、言いかけてやめた。( ̄Θ ̄;)





おいちゃんが言った。




『みたりせんけ、ダイジョウブよ( ̄ー ̄)ニヤリ』




( ̄ェ ̄;)




全部ごみをすてたので、出口に向かう途中、




しっかり、うちらのゴミを焼却炉へ落とすドアが開くのを確認した。





出口で計量した結果、全部で捨てたごみは、80Kgだった・・・。





(ユ)、80Kg分の思い出を捨ててきました・・・。
 

甥っ子、会社に来る

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月20日(土)23時56分14秒
  今日、メンバーが休出するとのことだったので、様子を見に会社に行って見た。




一人で行くのもなんだったんで、甥っ子を連れて行くことにした。



会社に向かう途中、甥っ子に言った。



『けいちゃん、ちゃんと「こんにちわ」って挨拶するんよ。』




甥っ子は、『こんにちわ』とお辞儀をしながら練習していた。




会社に着き、エレベータにのった。



甥っ子は、テンションがあがったまま、エレベータにのった。



3階についたので、会社のドアを開けた。



そこには、M木、ぶーちゃん、工藤さんが仕事をしていた。



(ユ)は、差し入れをM木に渡し、甥っ子に挨拶するように促した。




甥っ子、さっきのテンションはどこへやら・・・。




もじもじしていて、無言である・・・。




M木の横を、避けるように通り、(ユ)の席まで来た。




みんなが気を利かせて、甥っ子に話しかけるのであるが、



甥っ子は、無視を決め込んでいる・・・。




数分経つと、(ユ)の机に貼り付けている『パンダーZ』のマグネットで遊びだした。




少し話をして、帰ることにした。



(ユ)は、甥っ子に、みんなにバイバイするように言った。



甥っ子は、工藤さん、ぶーちゃんの順で、バイバイしながら、タッチをしていった。




M木も、「バイバイ&タッチ」をしてもらおうと、



甥っ子が向かっているのを待っていた。



そのとき、甥っ子が、M木の横を通ろうとした。



(ユ)が言った。



『けいちゃん、M木に、タッチして』




甥っ子、M木の横を真顔で素通りした・・・。





M木が言った(半泣き)。





『河野さん、何を教え込んだんですかぁ!?』




い、いや・・・。なんも教え込んでないんやけど・・・。





結局、M木には、タッチせず、会社のドアを出た。




でも、(ユ)は、見てしまった・・・。




ドアを閉めた直後、甥っ子が( ̄ー ̄)ニヤリとしていたのを・・・!!




あいつ、大物になるばい・・・。( ̄◇ ̄;)
 

キターー(・∀・)ーー!(ふ、ふるい…)

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月17日(水)08時47分38秒
  昨日、念願のテレビがきた。




その日は、飲んで帰ったので、家に帰り着いたのは深夜1時をすぎていた…。





2階に駆け上がり(ほんとはトイレに行きたかった)、はりきって、(ユ)の部屋のドアをあけた…。





すでに箱から出して設置してくれてて、あとは見るだけと思っていた考えは、1秒で裏切られ、





そこには、おっきな段ボールが存在していた…。





とりあえず、風呂に入り、あがってから設置することにした。





15分後…。





箱にあけ方の説明があったので、それをみながら箱をあけた。




中から、設置についての説明書がでてきた。




(ユ)は、作業を止め、それを読んだ。




『設置は、かならず、二人以上で行ってください。』




でも、(ユ)の部屋にいるのは、(ユ)と猫1匹だけである…。




なんとかなるんやない?と思いながら、テレビを持ち上げてみると、一人で調整しながら持ち上げるのは厳しいと感じた。




ほんとに『猫の手も借りたい』程であったが、





当の猫は、段ボールに隠れながら、(ユ)の足とかを攻撃している…。




どうしても、すぐにテレビを設置したい(ユ)に、





神が舞い降りた。





(ユ)は、恐る、恐る、テレビをもちあげ、




慎重にスタンドに乗せた。




さらに、ねじでスタンドとテレビを固定させた。




それから、そのテレビを持ち上げ、




テレビ台に乗せた。




それから、電源、アンテナをつないだ。




どきどきしながら、スイッチをオン!!





40型のテレビに命が宿った…。





速攻でチャンネル設定を行い、テレビを見た。




あまりの大画面に、猫が画面にむかって玉をとりだした…。
(手で画面の絵をつかもうとする)




その時、時計は、とうに2時を回っていた…。




(ユ)は、明日もあるので、寝ることにした。





布団の中で、ふと、思った。





『設置は、二人以上でやれって書いてたけど、




一人で、できるじゃん…。』






なんだか、一生涯を一人で生きていけるような気になった…。
 

わんわんにゃー

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月12日(金)08時28分59秒
  今日は、わんわんにゃーの日です…。




朝、バタバタ、会社に行く用意していると、妹から電話があった。



妹が言った。





『誕生日、おめでとう』





『誰も言ってくれんやろうけ、電話してみた。』





( ̄□ ̄;)!!





そ、そんなことないんだな…( ̄ー ̄)ニヤリ





さっき、ふじ子さんから、おめでとメールきましたからっっっ!!





い、いばっていえませんが…( ̄~ ̄;)
 

衝動買い

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月 4日(木)19時53分27秒
 

昨年のことである。





(ユ)がTVをみていると、ぷっつんと音がして、





TVの画面が消えた。





最近、たまにTVがキレることがあるので、





新しいのを買うことにした。





速攻で、PCで、価格.comへアクセス。





(ユ)がほしいTVは、40Vなので、一番安くて26万円くらいだった。





なにげにヨドバシのHPをみてみた。





な、なんと、ちょうどタイムセール中で、





(ユ)がほしいTVは、298,400円&ポイント20%還元ではないか!!





20%還元ということは、約6万円くらいなので、





差し引きしたら、ヨドバシの方が安いことに気がついた。





(ユ)は、時計を見た。





なんと、タイムセールの締め切りまで、15分を切っていた・・・。





(ユ)は、気がつくと、30万円ほどする高価な買い物を衝動買いしてしまっていた・・・。





翌日。





ヨドバシからメールがきた。





『お客様のご注文はキャンセルされました』





( ̄□ ̄;)な、なんで・・・・?





そのとき、(ユ)は思った。





結構、相手も(ユ)のことが気になっているようだったので、





自信満々で告白したら、





そいつには彼女がいた!





みたいな感じがした。






本題にもどると、な、なんと、(ユ)のクレジットカードの承認が降りなかったらしい・・・。





なんと、クレジットカードの限度額を超えてしまったようだ・・・。





(ユ)、かなり落ち込む・・・





くやしかったので、『再注文』のアイコンをクリックしてみた。





ご注文金額に表示された金額は、





40万円を超えていた・・・。





ヨドバシ、好きだったのに、そうとう裏切られた感じがした・・・。





『かわいさあまって、にくさ百倍』というのは、





こういうことだったのだろうとしみじみ感じた。






まじで、ショックだったので、ヨドバシに問い合わせしてみた。





翌日・・・。





ヨドバシからメールがきた。





(ユ)は、そのメールを恐る恐る読んでみた。





『再注文しても同じ金額には通常なりませんが、


特別にご対応させていただきますので


下記担当までお電話いただけますようお願いいたします。』






やっぱり、ヨドバシ大好き!o(*^▽^*)o~♪





ということで、無事に購入することができた。





翌日。





(ユ)は、今度来る新しいTVを置くため、今あるTV台のサイズを測ってみた。





( ̄◇ ̄;)あぁっ!!





TV、どこに置こう・・・・。( iдi ) ハウー


 

甥っ子の持ちネタ

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月 4日(木)19時28分25秒
編集済
 

先日のことである。





最近、甥っ子が人の名前を言えるようになったことを妹から聞いた。





妹:『パパは?』





甥っ子:『た(か)・ず・の・り』





※甥っ子は、「カ行」が言えず、「タ行」になってしまう





妹:『ママは?』





甥っ子:『み・じゅ(ず)・ほ』





妹:『けい(甥っ子)ちゃんは?』





甥っ子:『う・ら・け・い・と』





妹:『ばぁばは?』





甥っ子:『ふ・じ・こ』





妹:『じぃじは?』





甥っ子:『む・しょ・く(無職)』





誰だ?




勝彦さんが『無職』というのを教えたのは!?




 

新年のごあいさつ

 投稿者:(ユ)  投稿日:2007年 1月 4日(木)18時49分12秒
編集済
 

あけましておめでとうございます!



今年は、昨年より、(ユ)日記を執筆しようと思ってますので



今年もよろしくお願いします。




ほらほら、そこのあ・な・た!




(ユ)日記ネタにならないように、ご・よ・う・じ・ん





( ̄ー ̄)ニヤリ
 

レンタル掲示板
/1